HIROKO いつの日か君が太陽になった いつの日か君が月明かりになった song from 小室哲哉 歌詞

作詞:
TETSUYA KOMURO

作曲:
TETSUYA KOMURO

もしあの時 あともう少し
君の事を 伝えていれば
わだかまりも すれ違いも
きっと今と 違ったはず

昨日の夜は 陽が昇るまで
ずっとずっと 考えてた
陽の光は 裏切らず
今日いちにちをまた 支えるよ

友よ 君がいるだけで
日々の夢がふくらんだ 歩いてた
もう戻る事できない 足跡残してる
何かやり遂げなけりゃ また夜に悔いがたまる

通学路 涙ふいて
君は笑顔 届けていた
僕は仲間だと ひとこと
強く強く届けていれば

やっと前を向き 都会の黄昏を
深呼吸して 今の仲間とお酒飲んだりして
やっぱり 何年経っても何十年経っても
二人もし今幼い希望とか夢

語り合えたら この空のどこか
きっと君も うなずいてくれるね
たとえ空の上だとしても
君のエネルギー いつももらってる

雨が降ってきて 風が吹き荒れても
傘もささずに 君の事待っている
いつの日にか君が太陽になっていた
いつの日にか君が月明かりになっていた

もしあの時 あともう少し
もしあの時 あともう少し

==

- スポンサーリンク -