grram 心の指すほうへ 歌詞

歌手:grram
作詞:久川実津紀
作曲:花沢耕太
発売日:2012-03-21

なんだか最近は未来がよく見える
諦めている証拠だな
もう少しだけ、がむしゃらに
叶えたい夢を追いかけたいのに足がすくむ
進むべき道ぐらいは決めなけりゃ
10年後の自分が今めがけ叫んでくるよ

心の指すほうへ
埃かぶったこの夢をもう1度動かして歩けば
にじんだ願いが溢れるぐらい光放つ
どんな道選んでも間違いじゃない
必ずどこかへたどり着く
生き方に答えは探さない
この今に値段はつけたくない

それでもこの脚は
でこぼこな道をうまく歩けないときがある
誰かを下に見て安心したあと
無力さに気付いて恥を知る
無表情な顔をして見つめてくる現実へ
今すぐに私から微笑んでやる

心の指すほうへ
迷い込んだ夢の中 頼りにしたいのは
あの日の自分に誓った決心という名前のコンパス
花びらひらひらと舞い落ちてゆけ
その次に咲いてくる花は
前より強くてきれいな花になると信じているんだ

引き算の人生にしたくないんだ
正直でいつまでもいたいから…
心を騙したままでは
後悔するのは自分だよ

遅いも早いもない
本気になったその時が自分のスタートライン
失敗も経験だから怖いもの知らずでいけばいい

心の指すほうへ
埃かぶったこの夢をもう1度動かして歩けば
にじんだ願いが溢れるぐらい光放つ

==

- スポンサーリンク -