girl next door プレシャスフレンド 歌詞

歌手:girl next door
作詞:五十嵐充
作曲:鈴木大輔

君に 叶わない恋をして
駆け抜けた my precious days

駅前のカフェに続く道
足早に仲間と歩いた
週末のサークル帰りは
遅くまで語り明かしたね

いつも さりげなく右隣
胸の高鳴りを隠してた

君に 叶わない恋をした
ひたむきな姿に夢中で
だけどマジになればなる程
曖昧なフリでごまかしてた
君に 叶わない恋をした
駆け抜けた日々が甦る
飾らない笑顔は今でも
変わらずに my precious friend

年下の彼女が出来たと
真剣に話してくれたね
本当は気づいて欲しくて
受話器越し唇を噛んだ

髪を暗くした卒業式
にじむキャンパスを後にして

君に いつまでも片思い
木漏れ日のさす季節(とき)の中で
想い出に手を振る仲間と
また会える日を約束したね
君に 最後まで片思い
いつか言葉に出せるのかな
人混みの中に消えてゆく
背中 見つめながら…
通い慣れた街 空を仰いだ

あの日 叶わない恋をした
ひたむきな君が好きだから
だけどマジになればなる程
心と裏腹に茶化してた
君に 最後まで片思い
いつか言葉に出せるのかな
飾らない笑顔は今でも

変わらずに my precious friend

==

- スポンサーリンク -