Galileo Galilei Good Shoes 歌詞

歌手:Galileo Galilei
作詞:尾崎雄貴
作曲:Galileo Galilei
発売日:2012-01-25

それは同じ汚れ具合のダサい靴を選んで履きこなす日々で
みかげ石を滑るように僕らはふわりと恋をしたんだ

二人はだれもしらない水たまりで遊んだ
逆さになった空で裸足を染めながら飛んだり跳ねたりして

夕暮れ
なんか飽きてきた僕らは
真っ青になった足をスニーカーで隠して
グッドシューズ
これはグッドシューズって笑う

のびきったテープみたいに幸せはいつでも半音下がりで
このままじゃ ああいけないよって起き抜けの君が歌うように言うんだ

二人であの水たまりが枯れていくのを見た
真上で鳴いたトンビが僕らに何かを呟いているよ

羽が生えたらきっと全てが空に舞ってしまうよ

夕立
君が別れをつげた
真っ青だった足を雨で洗い流して
グッドシューズ
グッドシューズを履こう

YOU KILL ME too much too much

==

- スポンサーリンク -