Galileo Galilei 星を落とす 歌詞

歌手:Galileo Galilei
作詞:尾崎雄貴
作曲:Galileo Galilei
発売日:2012-01-25

すばらしき音楽が街のはずれから聴こえたら
青い河のほとりで今夜も会えるんだ

白い白い君のため息
夜空にのぼってく
触れたくても触れられないのは
消えてしまいそうだから

もう星をひとつ盗んでこの街に落っことして
映画みたいに燃やして最初から始めよう
君が泣くことなんてない
誰も気がつかなくても僕には聴こえるんだ
すばらしき音楽と涙の落ちる音

あじさいの花が咲いている
丘のかげにかたっぽのスニーカー
そして僕は歌っている
埋めるように歌っているんだ

種まきの季節が近づいて
砂の城を後にした
振り返ることは決してないさ
崩れてしまうから
だんだん年をとっていくたび
あなたの声もゆるやかに老いて
次なる小さな花の種を
土の上に吐いて死ぬんだ

さあ星をひとつ盗んでこの街に落っことして
映画みたいに燃やして最初から始めよう
君に笑ってほしい
僕に気づいてほしいよ
僕には聴こえるんだ
すばらしき音楽と涙の落ちる音

==

- スポンサーリンク -