fra-foa 澄み渡る空、その向こうに僕が見たもの。 歌詞

作詞:
三上ちさ子

作曲:
三上ちさ子

望んでも自分はただ 無力で
青く澄んだ秋の空 遠すぎて
思い詰めてしまう自分が悲しくて
かなわない事もあるよって笑った

―もし僕に願い事が一つだけ かなうとしたら―
でもふと気づくと僕には
心の底から望むことなんて 何一つ無かった。

ただ、もし僕にも 歌がうたえるなら
まだ生きてる事が 許されるなら
僕は僕のために 自分を削って燃やすよ
誰かの心に”一瞬”でも 響いたなら
「僕はこの世界に 生まれてきてよかったんだね・・・?」

いつかみんな死ぬんだってわかってれば
こんな憎み合う事もないのかな?
僕はただ純粋(きれい)になりたくて
なれない自分がよく嫌になるよ

僕の心は「何か」が欠けているから
無意識に人を傷つけてしまうんだ
でも こんな僕にもまだ誰かの心に強く
刻める「何か」が与えられてるとしたら

僕はこの体で 自分をブチ壊すよ
もしまだ僕に時間が残されてるなら
この日の風のにおい 通りを行く人々
何でもないような事をそう、確かめるだけで
僕はなぜか少し 救われた気がするんだ・・・

神サマは僕にこの「声」をくれた
きれいな花見られるこの「目」をくれた
“きれい。”と感じられる「心」をくれた
それで僕はあの人に 何を返せた?

神サマのくれたこの体使って
生きてるこの喜びを歌うんだ
あの空の青さや 太陽の温かさ
揺らめく木々の葉 こぼれる、光。

いつかは消えるのなら
「生きている」愛しさや
悲しみや辛さまで 受け止めるんだ
僕はここにいるよ
ちゃんと感じて、いるよ?
誰かがこのちっぽけな僕を求めてくれたら・・・
僕はもう、それでいいよ
君に会いに行こう。

==

- スポンサーリンク -