ELISA プロフェシア・トリロジー 歌詞

作詞:
志倉千代丸

作曲:
志倉千代丸

聖なるスフィアの民 扉は開かれた
光の矢を放って 天に舞い踊れ

深き闇の中で 優しく謳うマリア
千光年待ち続ける 永遠と呼べる愛
胸に差し込むように 短い夢を見たの
それはまるで神話の詩 重なるプロフェシア

今、時計の針が止まって 落とす雫が
指の隙間を すり抜ける前に 祈りを捧げるなら…

僕らが「生まれたこの宇宙は」 どこまでも澄み渡り
命を「無償の奇跡で」 包んでくれるから
僕らは「涙の明日じゃなく」 微笑みを選ぶ為
迷いも「遠回りさえも」 受け止められるから

聖なるスフィアの民 扉は開かれた
光の矢を放って 天に舞い踊れ

聖なるスフィアの民 扉は開かれた
光の矢を放って 天に舞い踊れ

それは語り継いだ伝承で まるで神話にも似た物語

遙かなる空 石の階段 幾重にもなる迷い道
地図さえもなく 力尽きた未来
道を照らした かけがえの無い あの星さえも 消えてゆく
静けさが闇夜を支配した その刹那────

アルカナの雨に閉ざされた翼 予言者の約束
明日へと導く ほんの僅かな回想
時は満ちて今、僕らの祈りが 雲間へ溶けて行く
神歌の調べ believe in the cross.
believe in the sky. 始まったイメージ
あのプロフェシア

アルカナに捧ぐ 張り詰めた儀式 命の証明は
落とした涙の その温もりにあって

アルカナの雨に閉ざされた翼 予言者の約束
明日へと導く ほんの僅かな回想
時は満ちて今、僕らの祈りが 雲間へ溶けて行く
神歌の調べ believe in the cross.
believe in the sky. 始まったイメージ
あのプロフェシア

アムリタの儀礼へ 捧ぐ祈り
花が空へ伸びる 日溜まり
それは意識もなく 繰り返した
目に見えないリグレット 罪と罰

告げられた天命 崩壊の序曲
螺旋の冒涜 結ばれし因果

舞い降りた───
予言者の夢の跡 下された審判は
ノイズのように 叫ぶ風音
だけどまだ温もりも 鼓動も感じるなら
たったそれだけで 星が綺麗で
深淵のプロフェシア

舞い降りた───
予言者の夢の跡 下された審判は
ノイズのように 叫ぶ風音
だけどまだ温もりも 鼓動も感じるなら
たったそれだけで 星が綺麗で
深淵のプロフェシア

==

- スポンサーリンク -