eastern youth 驢馬の素描 歌詞

驢馬の素描
eastern youth
発売日:2012-09-19
作詞:吉野寿
作曲:eastern youth
歌詞:

描かれた自画像は酷く歪んでいた
描き損じばかり足の踏み場もない部屋
窓に映る姿が痩せた驢馬のようで
俯いてカーテンを静かに閉めてから
居眠り

目を覚まして、それから、

夕焼けを追いかけてゆく
朝焼けを携えてゆく
昼でもなく夜でもない
お終いと始まりの繋がりを
破り捨てた自画像が
別の顔を作り出してゆく

夕焼けを追いかけてゆく
朝焼けを携えてゆく
昼でもなく夜でもない
お終いと始まりの繋がりを
破り捨てた自画像が
別の顔を作り出して
破り捨てた昨日が
新しい素描を描いてゆく

==

- スポンサーリンク -