DEEP たとえ100の言葉でも 歌詞

作詞:
マシコタツロウ

作曲:
マシコタツロウ

降り出す雨の交差点 いつかも白い伞をさして
人ごみを言い译に肩を寄せたら 静かに手をつないでた

君よりも素敌な谁かでも 出会う意味も无いよ
别れが笑颜だから まるでどこかの悲しい物语

たとえ100の言叶でも 决してかなわない君よ
笑えるほど仆は今泪流して
君の事を思い出してる

窗の向こうで照らされた 赤と黄色の目拔き通り
步道からはみ出した街路树の影 エンドロールみたいだね

每日があの映画のように格好よく流れて
それでも君はいない まるで仆らは悲しい物语

たとえ100のキャストでも 决して让れない君よ
おぼれるほど落ちた恋拔け出せなくて
君のことがとても好きだよ

抱き合えた季节が 君色の魔法仆にかけるよ
忘れられるほど简单じゃない 仆は君のもの

たとえ100回ダメでも 决して0ではないから
あきれるほど前向きな初めての仆
君に会えてとてもうれしい

手纸にさえ出来ない想い
たとえ100の言叶でも

==

- スポンサーリンク -