cinema staff salvage me 歌詞

歌手:cinema staff
作詞:三島想平
作曲:cinema staff

音の無い静かな公園で、僕は少し考え事をしている。

家に帰る道を急がないのは、夜が来ることを恐れた人。

珍しく晴れた梅雨の空だ。

青色のブランコに座って晩御飯を待っているのは、子供の手を握る人。

花壇には大きなあじさいと、その合間、縫って生える雑草。

うつむいたまま煙草を吸う人。紛れもない僕のこと。

日が落ちる。

映画みたいに輝いた夕焼けに身を任せて、このまま溶けてしまいたいよ。

許すこと、許すべきでないこと。焦ること、焦らなくていいこと。

その全てはどうでもいいこと。早く捨ててしまおうか。

顔を上げる。

映画みたいに輝いた夕焼けが目に染みたって、夕焼けに責められたって、

夕焼けに身を任せて、このまま溶けてしまいたいよ。

点と線と面が産まれていく。それはとても綺麗で素敵だね。

日が落ちる。

映画みたいに輝いた夕焼けに身を任せて。

顔を上げる。

映画みたいに輝いた夕焼けが目に染みたって、夕焼けに責められたって、

夕焼けに身を任せて、このまま溶けてしまいたいよ。

==

- スポンサーリンク -