cinema staff 小説家 歌詞

歌手:cinema staff
作詞:三島想平
作曲:cinema staff

故郷には雪がちらついていると聞いた。

僕はと言えばまだ暗い部屋の中。

筆を止める、は迷いか否か。いつかの幻のせいか。

情けないとも分かっちゃいるが、

身体は眠ったまま動かない。動きたい、動けない。

最終形を無くしたストーリー。

そんなものが見たい奴は当然いないな。

故郷に積もった雪はすぐ溶けたらしい。

僕はと言えばもう覚悟をきめて、捨てること、残すことを考えていた。

最終形を望んだ向こうにかなしみが残ってもしょうがないな。

完成形を目指したストーリー。

拾い集めた原稿と汚れたこの手で。

最終形を無くしたストーリー。

そんなものが見たい奴は当然いないな。

完成形をめざしたストーリー。

雪がほんの少し積もる街の話。

==

- スポンサーリンク -