Aqua Timez 空につづく道 歌詞

作詞 太志
作曲 Aqua Timez
アーティスト Aqua Timez

退屈そうに外を見ている 君のあくびが僕にうつった
(たいくつ,そと,み,きみ,ぼく)
「散歩に行こう」と頭 を撫でれば 僕を急かすように大喜 び
(さんぽ,い,あたま,な,ぼく,せ,おおよろこ)

擦り切れたフィルムみたいに 思い出がプレイバックする 途切れ途切れに
(す,き,おも,で,とぎ,とぎ)

ブランコで大空に 近づいてみた
(おおぞら,ちか)
あの青の向こうには 輝 く芝生があるんだって
(あお,む,かがや,しばふ)

雲も水も時間も流れを止めない 「始まり」だけは終わりそうにない
(くも,みず,じかん,なが,と,はじ,お)
過ぎた日の夢もあの頃の日常 みんなで昼寝したあの頃の日曜
(す,ひ,ゆめ,ころ,にちじょう,ひるね,ころ,にちよう)

濡れた鼻先でキスを もう一度してくれたらって
(ぬ,はなさき,いちど)
いまでも想う
(おも)

ブランコで大空に 近づいてみた
(おおぞら,ちか)
あの青の向こうには 輝 く芝生があって
(あお,む,かがや,しばふ)
犬達が楽しげに 駆けまわっている
(いぬたち,たの,か)
この世界のほとんどが嘘だとしても それだけは信じよう
(せかい,うそ,しん)

==

- スポンサーリンク -