Aqua Timez 平行世界 歌詞

歌手:Aqua Timez
作詞:太志
作曲:Aqua Timez

スタートはどこだっけ ゴールはどこだっけ
エデンのような光を 絵の中に見つけたけど
覚めたわけじゃない 夢を見てるわけでもない
眠らないコンクリートを 背もたれにして上を向く

枝分かれする頭上 星が降る 空は澄む
手を伸ばすくらいじゃ 届かない 君の憂鬱に 触れられない

辿りながら君は 喧噪の街を抜け 歩き出す
いつか誰もみんな 迷わずに笑える一日が 来るとイメージして
愛をしまって

何度も僕たちは すれちがってきた 君と同じ
独り言のように 夜明けの歌 歌っていた とても近くで

迷いながら君は 沈黙の森を抜け 歩き出す
いつか誰もみんな 迷わずに笑える一日が 来るとイメージして

辿りながら僕も 喧噪の街を抜け 歩き出す
いつか誰もみんな 迷わずに笑える一日が 来るさ
迷いながら僕も 沈黙の森を抜け 歩き出す
いつか誰もみんな 迷わずに笑える一日が 来るとイメージして
愛は光って

==

- スポンサーリンク -