AKB48 直角Sunshine 歌詞 Team 4

歌手:Team 4(AKB48)
作詞:秋元康
作曲:森谷康昭

直角の
あの太陽が
アスファルトの地面を
ジリジリ 照りつけてる
スニーカー
脱ぎ捨てながら
私は 素足のまま
大地の熱を感じて走る

近くのソーラーハウスの
屋根がキラキラと波のように
空の水面(みなも)に光る
あなたがいない長い夏よ
受験勉強に裂かれた
悲しき2人

どんな愛にでも
試練 いくつかあるものね
大人たちは言うけど
ただ 会いたくて泣けるよ

90°
光を受けて
路線バスのフロント
キラキラ 反射してる
もう一度
大事なものを
どこかに探しながら
未来のあなたのことを思う

ずっと電話を掛けたかったよ
声を聴くだけでもいいから
心配させたくない
春が来るまで一人きりで
もっと強くなって 私
ここで待ってる

塾へ通うその背中に
ガンバレ!そっとつぶやいて
涙が溢れて来る
今 青春の坂道

直角の
あの太陽が
アスファルトの地面を
ジリジリ 照りつけてる
スニーカー
脱ぎ捨てながら
私は 素足のまま
大地の熱を感じて走る

90°
光を受けて
路線バスのフロント
キラキラ 反射してる
もう一度
大事なものを
どこかに探しながら
未来のあなたのことを思う

==

- スポンサーリンク -