AKB48 檸檬の年頃 歌詞

作詞:
秋元康

作曲:
すみだしんや

教室の窓辺は 陽射しの砂時計
あなたを待っている時間が影になる
グラウンドを走るユニフォーム姿を
カーテンに隠れて 切なく眺めてた

青い檸檬 ひとつ
掌で包んで
あげたいの
そう 私のすべて
青い檸檬 そっと
若すぎる果実は
もどかしい この年頃

寂しげなチャイムが ボールを止めた時
あなたが一瞬だけ こっちを見たようで…
ときめきの鼓動に気づかれたくなくて
窓辺から離れた 夕陽の片想い

恋は檸檬みたい
まっすぐに行けない
遠まわり
ほら 歪(いびつ)なかたち
恋は檸檬みたい
甘酸っぱい香りは
不器用な この年頃

「ずっと 好きでした。
でも、言えませんでした。」

「教室の窓から 見てました。
グラウンドを走るあなたを
目で追っていました。」

「時々、あなたがこっちを見るようで、
その度に、私はカーテンに隠れていました。」

「練習に疲れたあなたに、
いつかあげようと思って、
私の掌の中には、いつも、まだ、青い檸檬がありました。」

青い檸檬 ひとつ
掌で包んで
あげたいの
そう 私のすべて
青い檸檬 そっと
若すぎる果実は
もどかしい この年頃

==

- スポンサーリンク -