AKB48 ユングやフロイトの場合 歌詞

作詞:
秋元康

作曲:
酒井康男

君の夢を見たよ
胸がどきどきした
どこか知らない場所で
手を振ってたんだ
やけにご機嫌で
僕の方に向かって
風の中
大声で叫んだのに
聴こえなかった

愛は(愛は)
いつも(いつも)
騙し絵(騙し絵)みたい
それがどんな
抽象的なものだとしても
僕の本心らしい

ユングやフロイトが恋した時
どんなどんな夢を見ていたのだろう
心の底に沈んでる本当の気持ちは
誰もわからないよ 僕も…

君を見てたくて
ずっとそばにいたくて
瞳をつむったままで
夢から覚めたくなかった

愛は(愛は)
青く(青く)
晴れ渡る(晴れ渡る)矛盾
そこに僕の深層心理が顕(あら)われると
何かの本に書かれてた

ユングやフロイトは自分の夢を
どんなどんな風に分析したのか?
鏡の中に映ってるもう一人の自分と
向かい合っていたのか? じっと…

ユングやフロイトが恋した時
どんなどんな夢を見ていたのだろう
誰かを好きになった時 普通に夢を見て
どきどきしてた気がする きっと

夢は語る

==

- スポンサーリンク -