AKB48 プラスティックの唇 歌詞 篠田麻里子

歌手:篠田麻里子(AKB48)
作詞:秋元康
作曲:津波幸平

本気で恋したら
疲れるだけよ
馬鹿馬鹿しい
そう 感情に任せると
目隠しされて
心 どこか ぶつける

生きてない花は
枯れることなく
ずっと そこに咲いていられる
悪い虫も寄り付かない
永遠を手に入れた

プラスティックの唇
あなたに差し出しましょう
愛しさは低体温 ん ん ん ん ん ん ん
何かちょっと違うような感触 それもいいでしょう?
ルージュとかイメージして て て て て て て て

未来的な愛し方
衛生的な接触方法
ウイルスもうつらない
気持ちもプロテクト 一切…
理想的な愛され方
遮断されたDNA
私はここにいない
頭の中 バーチャルリップ

どこかで割り切らなきゃ
後引くだけ
面倒くさい
ほら 初めから本能を
信じなければ
悲しむこともないのよ

流れない蜜は
動かないまま
甘い香り 辺りに満ちる
触れてみてもベトつかない
お互いのその関係

プラスティックの唇
私は受け入れましょう
無機質な性感帯 い い い い い い い
だって もっとやさしくしてあげたい そう それはだめじゃない
目の前のマネキンたち ち ち ち ち ち ち ち

破滅的な別れ方
躁鬱的(そううつてき)な最終手段
やさしさが負荷になる
すべてがプログラム バグかな
不変的な正解は
現実的な片想い
あなたはここにいない
遠い場所に リアルリップ

プラスティックの唇
あなたに差し出しましょう
愛しさは低体温 ん ん ん ん ん ん ん
何かちょっと違うような感触 それもいいでしょう?
ルージュとかイメージして て て て て て て て

==

- スポンサーリンク -