AiRI Precious Memories 歌詞

作詞:白石さらら
作曲:不知火ぴゅ〜太朗

いつか 思い出になったとしても
今ここにいる 私が真実(リアル)

朝の空気を胸に
いっぱい吸い込んでみる

おはよう… つぶやいて
いつもの笑顔の中 いつもの教室まで
少し早足で歩く

窓に差し込む 陽射し眩しくて
かざした手越しに見えた空は
澄んでた

未来とか大人になる事を
考えたりしない訳じゃないけど

今を思いっきり楽しんでる
その気持ちなら私の本当(リアル)

ほんの 小さな事で
心から笑ったり
時に悩んだり

でもね
いつも誰かが 側にいてくれるから
前を向いて歩けるよ

ほほをなでてく 風が優しくて
いつの間にか微笑んでる自分に気付いた

ここで 出会えた大切な仲間
一緒ならなんでも出来る気がする

いつか 思い出になったとしても
今ここにいる 私が真実(リアル)

先の見えない道は恐いけど
自分信じて進みたいから

そう思える勇気をあなたがくれたの
どんな時でもまっすぐ見つめて
分かち合う喜び知ったの

あの樹見上げた時感じてた
一緒ならなんでも出来る気がする
いつか 思い出になったとしても
今ここにいる 私が真実(リアル)

==

- スポンサーリンク -