AiRI Like a Green 歌詞

作詞:桑島由一
作曲:milktub

壁の写真
朝になるまで眺めて
夢の中じゃ
叫んだりもできるのに

とにかくただボリュームを
誰かに止められるまであげたいよ
作り話じゃない
本当の世界で生きてる

僕のため? 誰のため?
空は青く月は遠く
きみのため? 出会うため?
時は流れ戻れない

最低でも最高の夏
涙流し笑ってた
ずっとこのままでいたくて
大人になっても忘れない
きみが「少女」だったって
星空の下 抱きしめた

君に会って
秘密がすごく増えて
こんな気持ち
心のどこにもなくて

当たり前のバランスが
きみの言葉ですぐ崩れていくよ
おとぎばなしじゃない
傷つき 失い 生きてる

キスのため 恋のため
いますごく君に近く
明日のため 明日のため
いつ見つかるその答え

最初から決まってたね
きっと二人わかってた
これからなにか起こること
シルシを見つけた運命の人
フレームさえ超えてく
緑色した風の中

二人の永遠 邪魔する神様
隠しておいたよ 心配ない

僕のため? 誰のため?
空は青く月は遠く
きみのため? 出会うため?
時は流れ戻れない

最低でも最高の夏
涙流し笑ってた
ずっとこのままでいたくて
大人になっても忘れない
きみが「少女」だったって
星空の下 抱きしめた

==

- スポンサーリンク -