Aimer 冬のダイヤモンド 歌詞

作詞 aimerrhythm
作曲 飛内将大

どこにいるの? 「ここにいるよ」
そこにいるの? 「そばにいるよ」
ここにいるの? 「いつもいるよ」
どこにいるの? わからないよ

互いの場所 確かめ合う そっと輝く 冬の星座
暗い空にしがみついて 強い風に流されないようにと

神様 あなたはそこで 何を思って 何を見つめるの
教えて こんな私の願いを聞いても笑うだけでしょ? そうでしょ?

悲しくて涙がなくなるほど 苦しくて痛みがなくなるほど
虚しくて心がなくなる こんな夜には何をすればいい?

もし誰か手を差しのべてたなら うれしくて笑えてたのかな?
永遠に交わらない星座を 誰かが呼んだ 冬のダイヤモンド

手をつないで 「手を伸ばして」
顔を見せて 「顔をあげて」
声を聞かせて 「声を出して」
話し方がわからないよ

互いの意味 確かめ合う そっと輝く 冬の星座
遠い過去にしがみついて もう誰にも忘れられないようにと

神様 あなたはそこで何を施し 何を望んでるの?
教えて こんな私を生んだことなど忘れたんでしょ? そうでしょ?

哀しくて言葉がなくなるほど 寂しくて眠れなくなるほど
眩しくて光がなくなる こんな夜にはどこにいればいい?

もし誰か気付いてくれてたなら 愛しくて眠れてたのかな?
永遠に交わらない星座を 誰かが呼んだ 冬のダイヤモンド

悲しくて涙がなくなるほど 苦しくて痛みがなくなるほど
虚しくて心がなくなる こんな夜には何をすればいい?

もし誰か手を差しのべてたなら うれしくて笑えてたのかな?
永遠に交わらない星座を 誰かが呼んだ 冬のダイヤモンド

==

- スポンサーリンク -