10-FEET シガードッグ 歌詞

歌手:10-FEET
作詞:TAKUMA
作曲:TAKUMA

目を覚まして木漏れ日に目を細めた 旅の途中の猫はまた歩き始めた
僕はいつかまたあの丘で会いたくて 会いたくて
雨の中 霧の中で あなたといつかまた

僕はこの街の笑い声やウミネコの声も
たくさんの思い出の中 タバコ屋の犬を思い出してみたんだ
夜と同じ数の夜明けがあるんだと犬は吠えたてた
乾いた鼻の天気予報 明日は晴れるんだってさ

遠い記憶の安らぎも淋しさも 浅い眠りの中で夢に重ねていた
僕はいつかまたあの丘で会いたくて
眠りの中 夢の中で あなたといつかまた

ありふれた願いや悲しみは今日も世界に溢れて
君は今ここにいないけれど 僕は少しだけ旅続けてみたんだ
時は止まらなくて 君は優しくて 僕はここにいて
夜風に吹かれてまどろみの中 君の真似をしてみた

少しだけ あと少しだけ 歩いたら帰ろうかな

==

- スポンサーリンク -