10-FEET コハクノソラ 歌詞

作詞:TAKUMA
作曲:TAKUMA

何処にでもある話 ひとしきり降り 雨は止んで
素朴な悔いは頬の赤色を空へ 寂しさも忘れた

そして時は流れ 賢くなって 晴れた空はぎこちなく見えて
僕は気づき始めてた 響きの消えゆくを

青白い霧雨の朝 見過ごしてきた安らぎの
言葉だけを信じれば 悲しみも喜びも増えたのに

ああ間に合えば ああ間に合えば 少し話せたなら 笑えたなら ああ
ああ間に合えば ああ間に合えば 最後に少しだけ

そこに行けば何か解る気がした
そんな真っ赤な季節の想いが僕をやっと独りにした 轍を辿ってみた

季節巡って記憶を越えて今日と明日 よそよそしい日々を
過ごすだけ 白い朝 同じ夢 人恋しさが導べ

言葉だけを信じれば 悲しみも喜びも増えたのに

ああ間に合えば ああ間に合えば 少し話せたなら 笑えたなら ああ
ああ間に合えば ああ間に合えば 最後に少しだけ

==

- スポンサーリンク -