風男塾 野良猫マリア 歌詞

歌手:風男塾
作詞:はなわ
作曲:ミヤハラ信哉

黒いギターとバーボン 路地裏のダンスホール
髪のポマード 香る ロカビリーナイト
踊る君の背中からスキャンダル ムーンライト
群がる 男 惑わすギルティーウィンク

チークが流れだす 酔わす灯り あのねマリア

野良猫のように人なんて 信じてたらバカみるって
秘密のねぐらで爪を研ぐの Oh! マリア
野良猫には傷や恋や名前なんて無数にあるって
ふかした煙が語りかける さぁそばにおいでよ マリア

窓の外はいつのまにか どしゃぶりのサンダーストーム
ついた嘘が雨音に消える
点滅して消えそうな街頭のライムライト
男と女の危険なシグナル

ルージュが囁いた「やめときなよ」聞いてマリア

野良猫には男なんて 掃いて捨てるほどいるって
火遊びするのも命がけよ Oh! マリア
野良猫は孤独なジプシー 夢は必ず覚めるって
誰にも告げずに街をでるの Ah?今夜だけでいいマリア

その腰に手をまわして強く強く抱き寄せて
吐息がまつ毛にかかるほどに
あのねマリア 聞いてマリア

野良猫のように生きるって ほんとはつらいことだって
愛と言うセリフで教えるのさ Oh! マリア
朝になって雨があがって どこかの街へ消えたって
必ず迎えに行くのだろう
Ah?愛しい野良猫マリア

==

- スポンサーリンク -