青木まり子 静けさをもう少し 歌詞

作詞:
大沢明子

作曲:
大沢明子

ふとした出会いに 足をすくわれた
ひとひらの 恋の花
见え隐れする あなたのやさしさは
叶泄れ日の まぶしさよ

くるおしく静かに 咒文をとなえたら
いつか きっと

舞い踊る 星のように ゆるやかに 羽をひろげ
心に灯(ひ)をともせば 爱しみは 摇り起こされて
今 やっと想いは 溶けて 言叶になる

时の向くままに 黄昏に染まる
变わらずに 鲜やかに

漂う微笑みと 待ちわびる微笑み
手缲りよせて

舞い落ちる花のように たおやかに颊を染めて
咲きはじめた梦なら 淑やかに 重ねてみたい
この 震える指を どうぞ つかまえていて

==

- スポンサーリンク -