青木まり子 雨のリフレイン 歌詞

作詞:
朝水彼方

作曲:
fuming

あの日降り出した 雨のせいで
无口なままで タクシー止めた
何か言いかけた そのまなざし
振り向いたまま 待ってた私

人生は后悔を缲り返し 月日は 过ぎてゆくのね
雨はrain rain rain rain refrain
たまには思い出 ほどくだけでいい
あの日の场面は梦の片隅

心を自由に 旅させれば
自分の事も 许してゆける
流れる街并 雨に濡れて
泣きたいくらい 光っていたね

ワイパーの音だけが 响いてた あの日を 抱きしめながら
雨はrain rain rain rain refrain
たまには 思い出 ほどいて生きても
今いる私を好きでいられる

雨はrain rain rain rain refrain
たまには思い出 ほどくだけでいい
あの日の场面は梦の片隅

雨はrain rain rain rain refrain
たまには 思い出 ほどいて生きても
今いる私を好きでいられる

==

- スポンサーリンク -