鏡五郎 玄海あばれ太鼓 歌詞

歌手:鏡五郎
作詞:仁井谷俊也
作曲:山崎剛昭

寄せる荒波 玄海灘に
ドドンと響くぜ 太鼓のように
やるぞ やるとも やらなけりゃ
この世に生まれた 甲斐がない
男 男いのちの
ソレキタ ドッコイ 暴れ打ち

酒と喧嘩は 負けないけれど
「情(なさけ)」の一字にゃ 涙がホロリ
昔かたぎの 荒くれで
も一つおまけに まつり馬鹿
撥(バチ)が 撥が自慢の
ソレキタ ドッコイ 勇み肌

空に浮かんだ 十六夜(いざよい)月が
今夜はあいつの 笑顔に見える
惚れて結んだ 縁(えにし)なら
幸せやりたい 百合の花
男 男度胸の
ソレキタ ドッコイ 暴れ打ち

==

- スポンサーリンク -