野村吉文 奥尻の風に乗って 歌詞

歌手:野村吉文
作詞:星川成一
作曲:山中博

蒼く爽やか この海は
奥尻島(おくしり)つつむ ゆりかご
過ぎた過去(むかし)が 永遠(とわ)の中
ゆらゆらと海猫(ゴメ)が ゆれてる
紺碧(こんぺき)の空 流れ雲
北追岬 あなた見送る
あれからずっと 鍋釣岩(なべつるいわ)で
その日が来るのを 待っていた
あなたは来る 私のもとへ
あなたは来る 私のもとへ
奥尻の光る風に乗って

あなたの好きな 青苗(あおなえ)の
古い町並み 歩いた
人のざわめき 耳をすませば
今も鮮やかに 聞こえる
奥尻港(おくしりみなと) ニシン船(ぶね)
さいの河原で 願いを込めて
風待ち潮待ち あなたを待って
その日が来るのを 信じてた
あなたは来る 私のもとへ
あなたは来る 私のもとへ
奥尻の光る風に乗って
奥尻の光る風に乗って

==

- スポンサーリンク -