越野竜太 白い鳥 歌詞

作詞:
越野竜太

作曲:
越野竜太

僕たちは見わたすかぎり瓦礫の大地にたどりついた。
地に落ちた屋根と洗面器のかたわらで
白い鳥は羽をひろげたまま 死んでいた。

自から無くしたことに嘆けないほど堕落した魂の無惨なヌケガラをさらし
陽当たりの悪い場所で更に雨が降りそそぐような毎日を
悪意のない人々は生きている。

沈黙とチャラい言葉では、
ひどい男が、明日も昨日を引きずって歩く未来が、、待ち受けるのだ。
花は枯れ 雲は晴れても
灰色の空 漆黒の太陽のまわりにかろうじて光を確認できるのだけれど…
意識は、たやすく、海の底に沈んでいった。
上も下もわからない、海の中で
プランクトンに陽が当って出来た星空をさまよう。… (記憶)

次第に光りが届かなくなり 闇の先に闇を見ると
イメージだけが、唯一視界のおもかげを残している。… (記録)

恐怖と安堵がめまぐるしく脳裏に映し出されて
息をするのも忘れた頃
死も生も、無になってただ、、通り過ぎるのを、、待つだけなんだね。

砕けたサンゴのビーチでは
波打ち際でキャラキャラと心地良い音が波の音の中に出たり入ったり。
まばゆい太陽で細めた視界の先に
白いヤドカリが一つだけ誰かの殻を背おって歩いている。
澄みきった空を見上げると
白い鳥が飛んでいた。

==

- スポンサーリンク -