赤飯 Queen 歌詞

作詞:
北森耕太郎

作曲:

ひざまずく奴隷たち
孔雀の扇子 振るたびに
嬉々としてかしずいて
禁断の果実探す

荒海の彼方まで
小舟に乗って行きなさい
誰よりも早くお持ち
ご褒美を授けてあげる

醜くかわいい 男を操る
永遠のクィーン

……足をお舐め

アイリスの華の 香りは果てなく
金銀紫 咲き乱れる
アントワネットの 私は再来
仮面舞踏会 踊りましょう

美しい人生は
満たされるほど飽き足りず
薔薇の鎖 ちぎるような
情熱を漁りむさぼる

エメラルド ルビー ダイヤ
輝いた指 滑らせて
地球儀を回すたびに
またひとつ増えるコロニー

おかしく哀れな 男を侍らす
絶対のクィーン

……服をお脱ぎ

ルールドの泉が 湧き上がるたびに
秘められたエスが 舌を出す
メフィストフェレスも 目を背けるほど
快楽の限り 遊びましょう

愚かで愛しい 男を悩ます
妖艶のクィーン

……尽くしなさい

大理石のベッド シルクの毛布に
絡ませた息を 響かせる
タナトスとエロス 重なりあう場所
赤と白溶かし 愛しましょう

アイリスの華の 香りは果てなく
金銀紫 咲き乱れる
アントワネットの 私は再来
命尽きるまで 楽しみましょう

==

- スポンサーリンク -