赤飯 イザベル 歌詞

作詞:
Nem

作曲:
Nem

もう何十回目だろう
お前が夢に現れて
オレに何か囁くんだ
怯えたように

目覚めれば酷い頭痛で
顔も思い出せやしない
だけど名前は分かってる
確か…「イザベル」

満月の夜 あの崖の上で
肩を寄せ合う二人
あの景色は一体何だったっけ?
頭に靄がかかってんだ

天使のように 悪魔のように
オレを虜にする…ああ
この際もう どっちでもいいさ
「会いに行かなければ」
そう感じているんだ

湿った満月の夜に
あの崖まで来てみたんだ
やっぱりここに居やがった
夢と同じだ

“そっち”へ行けばいつだって
その体を抱けるんだろう?
思い残すことなんてない
お前の勝ちさ

真っ逆さまに 凍てつく海へ
確かに溺れたはずが
気が付けばいつものベッド
オレはまた夢をみてた?

天使のように 悪魔のように
オレを虜にする…ああ
思い出した そういうことか
笑いが止まらないぜ

夢をみてたのはお前で
「訪問者」はこっち…ああ
あの夜オレを突き落とした
愛しいイザベル
…また夢で逢おう

==

- スポンサーリンク -