蜜 HE 歌詞

歌手:蜜
作詞:木村ウニ
作曲:橋詰遼

コーヒーを飲んで 苦すぎると文句たれて
しかめっ面して また笑う彼を見てた
その声が少し 大きかったものだから
喫茶店のマスター 何度もこっちを見てた

咳払い 閑古鳥 メガネの奥からの視線も
関係ない 貴方がイイ お勘定が済んだらジャングルへ

手をつなぐと感じれる 彼の腕も急ぐ呼吸も
早くなる バレている 私の手の温度も呼吸も

夜はどっぷり更けて よい子達はみんな帰って
ママとシチューの香り あったかいベッドでおやすみ
帰られない私に 付き合ってくれた貴方は
冒険ごっこだとか言って オチャラけてくれた

つま先が悴んで 貴方の顔をふと見ると
紫の唇して 笑って 寒くないかって抱きしめてくれた

手をつなぐと感じれる 彼の温かさ全部
泣けてくる バレている 指の跡つくくらい握り締めた手

取り出した チョコレート 半分コに分け合って
腹ペコの 私たち あんまりの美味しさに 感動したよね

手をつなぐと感じれる 彼の笑顔 その瞬きも
キラキラと沁みこんで ずっと奥まで繋がっていよう

==

- スポンサーリンク -