藤田麻衣子 Campfire 歌詞

発売日:2012-07-18

作詞:藤田麻衣子
作曲:藤田麻衣子
歌詞:

パチパチと音を立てて
火花が宙に舞う
さっきから痛い靴擦れ
空は満天星

座る木のベンチ
照らされたハンドライト
「向こう行かないの?」と
君の声

「そっちこそ行かないの?」
何も答えずに
隣に座る君が見つめた
オレンジの炎
燃えてる

lalalalalala…
みんなの笑い声が響いてる
lalalalalala…
はしゃいで歌って輪をつくる
何か話しかけたいのに
言葉見つからない
キャンプファイヤー

少しここに二人きり
こんなことくらいで
今日のどんな時間より
一番嬉しくて

昨日だってバスの中
君の前の席
座れて近くにいられて
それだけで幸せだった

ふと見た横顔に
今も恋してる
他の誰にも感じないのに
こんなにも心揺れてる

lalalalalala…
みんなが呼んでる声が聞こえてる
lalalalalala…
「呼んでるよ、行かなくていいの?」
本当はまだ行かないで
今声に出して言えたらいいのに

吸い込む空気までが熱い
夏の夜がずるい
「ずっと好きだったんだ」
今なんて言ったの?
ずっと好きだったんだよ
私だってずっと

届いた

lalalalalala…
みんなの笑い声が響いてる
lalalalalala…
はしゃいで歌って輪をつくる
ずっと夢見てたストーリー
今日という日を
私は決して忘れない
どうか消えないで
キャンプファイヤー

lalalalalala…

lalalalalala…

==

- スポンサーリンク -