藤巻亮太 砂時計 歌詞

作詞:
藤巻亮太

作曲:
藤巻亮太

眠れずに膝を抱えた夜 梦を抱きしめた

太阳の周りを今は 地球が回ってるって谁もが
知っているけれど昔 人は逆の事を信じてた
発见は発见の种 また次の花を咲かせてゆく
仆らが系いだ命 どんな未来を咲かすかな

アインシュタインが生きてたらなんて言うだろう
佛陀なら谁を救ったかな
どんな时代にも过去と未来があって
みんな幸せ探しながら生きていたはずさ

なんでもない今日という日を
あなたと今过ごせる时を
永远だって见まごう梦を抱きしめたって
零れてしまう砂时计

空が好きな男の子 いつかは青空飞べるかな
素敌な王子样に巡り逢えるといいね 女の子

谁かを伤つけてしまうたびに
谁かに伤つけられるたびに
强くなりたい 优しくなりたいって
谁もがそう愿いながら战っているよ

どうしようもない气分の时は
作り笑いさえささくれて
心で割れた风船をもう一度青空へ向けて
放つまで

なんでもない今日という日が
あなたと今过ごせる时が
永远なんかじゃなくっても抱きしめたくて
たぐり寄せる淡い梦

==

- スポンサーリンク -