藤井フミヤ 銀河放浪 歌詞

作詞:
藤井フミヤ nbsp;

作曲:
藤井尚之

あぁ 夜汽车はゆく あぁ 银河の下
梦を摇らしながら 眠る君を摇らしながら

ふと 颊を抚でて そっと うつろな目を开く
もう着いたのって 行き先なんてないのに

小さな驿の プラットホーム
无人改札を拔け ふたり 银河放浪

最终列车の 赤いテールライトが
遥か远い 夜へ 小さく消えたよ グッドバイ

さぁ 手を取り合い さぁ 银河の中
ワルツ踊りながら ゆるい坂を下りてゆく

もし 星を见つめ 永远(とわ)の眠りにつけるなら
ただ美しい 泪だけ浮かぶかな

寂れた町の バス停の椅子
时刻表を眺める ふたり 银河放浪

街灯の下の 小さなステージ
下手なパントマイムに 君はいつまでも 笑った

==

- スポンサーリンク -