藤井フミヤ 愚か者の詩 歌詞

作詞:
藤井フミヤ

作曲:
藤井フミヤ

魂のない雕刻のように
じっと地面を ただ见つめてた
よろけ しゃがんだ 深夜の公园
后悔消せる术がない

蹴って 摇れてるブランコ
蛇口をひねり 颜を洗った
濡れた しわくちゃのバンダナ おまえの香りがしたよ
渗みだす瞳 强く押し付けた

男なんて 身胜手で 体裁だらけで
强がって淋しがりで でも温もりが欲しくて
woo Baby Baby性惩りもない Love Song
马鹿で阿呆な 愚か者の诗だ

好きにすればいい 投げ舍てた声が
心で何度も木灵する
过去と未来 系ぐ笑颜がなけりゃ
梦なんてすぐに消えちまう

ぽつりぽつり降り出した雨
情けない颜 濡らしてゆく
どこへ向かってゆこうと 知らず知らず円を描き
气がつけば また元の俺がいる

一番 大事なものは いったいなんだよ
どんな事より谁より 大切な爱じゃないのか

男なんて 身胜手で体裁だらけで
强がって淋しがりで でも温もりが欲しくて
woo Baby Baby性惩りもない Love Song

==

- スポンサーリンク -