藤井フミヤ 三毛猫のキーホルダー 歌詞

作詞:
藤井フミヤ

作曲:
有賀啓雄

ふと时々 ふとぼんやり 君に逢いたくなる
そんな日はなぜかいつも 澄み切った青空なんだ

浮かぶ云が 何かの形に なんだか见えてきて
そういえば三毛猫のキーホルダーは
どこへ消えたんだ

お揃いだったけれど 先になくしたのは…

好きだったとこ また浮かんできて
空に微笑む まだ君のことが好きかも

ふと今でも 自转车で あの道を通るよ
线路沿いにコスモスが摇れ 君を后ろに乘せ

坂の上の 小さなカフェ レジの横だったかな
たしか君が子供のようにねだった そんな气がする

いつも持ってたけど どこで切れたんだろう…

好きだったとこ また浮かんできて
空に微笑む まだ君のことが…

远く离れた 二匹の三毛猫
时が流れて ふたりのハートの中に

==

- スポンサーリンク -