芳本美代子 サカナ跳ねた 歌詞

作詞:
飛鳥涼

作曲:
飛鳥涼

息が霧に染まる 夜明けの街は静か
傘をまわしながら もう一度考えてる

次のシグナルを 曲がればもうステーション
雨のアスファルト 少し恐い海の色

サカナ跳ねた 君のもとへ 心が跳ねた
勇気で涙こぼれそう

恋が走る 君のもとへ 不思議が走る
初めて自分に出逢った

君が手を振ってる 雨のカーテン越しに
なぜか急に少し パパとママがよぎった

どんな言葉より 二人並んでいたいの
君の肩先に 頭をくっつけて見た

サカナ跳ねた 君のもとへ 心が跳ねた
勇気で涙こぼれそう

愛を詰めて 君のもとへ 過去ごと詰めて
振り返ることないように

サカナ跳ねた 君のもとへ 心が跳ねた
勇気で涙こぼれそう

そんな夢を浮かべて
一人 雨の日には

窓の外を眺めて
一人 絵空事で

==

- スポンサーリンク -