稲垣潤一 ある恋の物語 歌詞

歌手:稲垣潤一
作詞:Almaran Carlos Eleta・日本語詞:湯川れい子
作曲:Almaran Carlos Eleta

初めて 目と目が合った
昼休みの Cafe なぜか
うるさく響いていた音が すべて
消えた 瞬間

例えば 初めての夜
後ろから 君を抱いて
鏡に映った いとしいヴィーナス
奇跡 見てたよ

神さまの指 すべり堕ちて
粉々に砕けた ワイングラス
きらり 想い出が
冷たくて 刺さる
だけど 変わらない
君への 想い

だから もし逢えるならば
何もかも 放り捨てて
跪(ひざまず)き 新しい
夢の入り口に 立つだろう

思えば あの日の朝も
子供のように ふざけて
愛のあと 君は
「さよならは 嫌(いや)!」と
急に 泣いたね

世界中 捜したとしても
君はもう 幻の国へ
遠くに またたく
あの星のよう
決して 忘れない
恋の 想い出

だから もし逢えるならば
命さえ 放り捨てて
跪き 新しい
夢の入り口に 立つだろう

==

- スポンサーリンク -