秦基博 meets 坂道のアポロン アルタイル 歌詞

歌手:秦基博 meets 坂道のアポロン
作詞:秦基博
作曲:菅野よう子

あの坂道で君を待っていた
放課後の約束に 遠く 滲む サヨナラ

振り向く影 名前を呼ぶ声がして
夏の終わりに気付きもしないで 僕は君だけ見つめた

弱くて いびつで すぐに壊れそうな あの頃の僕にね
小さな翼を君がくれたんだ
夕闇 傾いだ空に かすかな光 探している
君が好きだと 好きだと 言えたなら

教科書の隅に書いた手紙は
いつまでも 届かずに あの日のまま

心では まだ 君を待っていた
せわしなく過ぎていく日々の どこかで きっと

変わったのは 僕の方なのかな
映る全てが 他人の顔して 白々しく沈んだ

「狡さも繕いさえも仕方ないさ」 つぶやいた言葉は
行き場を失くして ふっと 溶けて消えた
夕闇 浮かんだ星は まるで あの日の君のように
頼りない今を やさしく 照らしてる

忘れないよ

移ろう風に いつかの夢が 翳んでも 傷付いても
それでも変わらない大切なもの 抱いて 僕らは今日を生きる

ガラスは砕けて 胸に刺さったまま  鈍く痛むけれど
キラキラ 目映い光 乱反射する
夕闇 紛れた街へ 長い坂道 歩いてゆく
君のかけらは いつもここにあるから

僕らの手と手が結んだ星座は
離れても 離れても 輝いてる

==

- スポンサーリンク -