秋野恵子 十日恵比寿 歌詞

十日恵比寿
秋野恵子
作詞:端唄
作曲:端唄
歌詞:

十日恵比寿の 売り物は
煎袋にとりばち 銭叺
小判に金箱 立烏帽子
ゆではす 才槌 束ねのし
お笹をかついで 千鳥足

さてもお山の 身の果は
内海屋か岡島屋か 鴻の池
受けだすそのまま 奥様と
いうたらよかろが そりゃならぬ
やっぱり廓(くるわ)を ぬけきらぬ

当時東京で 流行っているものは
帝国座の女優劇 国技館
ゴム輪の人力車に 活動写真
マントを着た女学生に 芝居の案内嬢
ベールをかぶった 芸者をのせた
自動車 プップクプ

==

- スポンサーリンク -