石田ひかり 少女・熱風・天然色 歌詞

避暑地の図書館の陰で

キスをさせたわ

出逢ってからまだ日も浅い子に

夏はみんな不良っぽい恋をするのよ

天使の顔した少女たちも……

愛…愛してるって

ささやくひと笑ってたわ

夏…去年の夏が

胸責めるの

湖へと降りる坂で時間が止まる

あの日のほら二人がボート漕ぐ

薄いシャツの胸のカーブ

風の形になるよう

あなたに向けて見せた

夏…夏休みには

また逢えると思ってたの

恋…恋は淋しい夢なんだね

夏…唇に夏

また逢えると思ってたの

恋…恋って淋しい なぜ悲しい……

夏…唇に夏

小さな傷 残して逝く

愛…愛していると もう言えない……

ああ遅いね

==

- スポンサーリンク -