石田ひかり 卒業写真 歌詞

悲しいことがあると 開く革の表紙

卒業写真のあの人は やさしい目をしてる

街で見かけたとき 何も言えなかった

卒業写真の面影が そのままだったから

人ごみに流されて かわってゆく私を

あなたは ときどき 遠くで 叱って

話しかけるように ゆれる柳の下を

通った道さえ今はもう 電車から見るだけ

あの頃の生き方を あなたは忘れないで

あなたは 私の 青春 そのもの

人ごみに流されて かわってゆく私を

あなたは ときどき 遠くで 叱って

人ごみに流されて かわってゆく私を

あなたは ときどき 遠くで 叱って

あなたは 私の 青春 そのもの

==

- スポンサーリンク -