石崎ひゅーい 第三惑星交響曲 歌詞

発売日:2012-07-25
作詞:石崎ひゅーい
作曲:石崎ひゅーい
歌詞:

田舎道で見てた星空とか
庭に咲いた紫陽花とか
全部忘れないでいたいよ
それでもほら僕ら人間だから
約束さえ守れないから
大切なあの人のことだって いつか

よく晴れた夏の日静かな朝
小屋の中で吠える犬と
ずっと泣きやまないままの君

ロックンロールが流れる葬式とか
笑い声の火葬場とか
かしこまったりすることなんかない

みんな泣き疲れて眠りの中
月の裏めがけて
スペースシャトルがいく

Star falling down
真夏の聖なる夜だ
怪獣たちはパレードの途中
ゼンマイのロボットと遊ぼうぜ
だから悲しくなんかないよ
だから寂しくなんかないよ
バイバイなんかじゃないよ
鍵はあけておくからいつだっていつだって

魔法みたいに歌うたっている
風に吹かれて歌っている
白いチューリップ胸に掲げたまま

優しい顔もしわもエプロンも全部
土星の輪に投げる
僕ら笑っていた

君がずっと泣き止まないもんだから
神様もわんわん泣き出して
僕たちは祭り囃子の中

Star falling down
真夏の聖なる夜だ
怪獣たちはパレードの途中
ゼンマイのロボットと遊ぼうぜ
だから悲しくなんかないよ
だから寂しくなんかないよ
バイバイなんかじゃないよ
鍵はあけておくからいつだっていつだって

田舎道で見てた星空とか
庭に咲いた紫陽花とか
全部忘れないでいたいよ

==

- スポンサーリンク -