石崎ひゅーい ひまわり畑の夜 歌詞

作詞:
石崎ひゅーい

作曲:
石崎ひゅーい/Tomi Yo

いつか見た夢を
思い出していた
星が降る夏は
ひまわり畑の夜
泣いてる迷子

水色の空の
クジラ雲達を
どこまでも
裸足で追いかけていた
麦わらを風がさらった

張り裂けそうな心臓
はじめてふかした煙にむせて
でたらめな歌でごまかしてたんだ

僕は今もまだここにいるよ
新しいスーツでしょぼくれて
お願い見つけだして
楽しかったあの夏の日
僕はまだ君が好きだ

夕闇を飾る
打ち上げ花火に
二人寝ころんで
なんにもしゃべれずにさ

遠くのほうから聞こえた
やかましいバイクのエンジンの音
草の匂い 目に沁みて痛かった
僕はどこへ行こう ひとりぼっち
みじめな 死にかけた虫みたく
お願い教えてほしい
君のいない夏の終わり
僕は今どんな顔してる

とび魚になって
夜空のお月様にただぶら下がってた
手を振った
君は笑ったまんま

僕は今もまだここにいるよ
安物のシューズでうなだれて
お願い見つけだして
星が消えたあの夏の日
僕はまだ君が好きだ

==

- スポンサーリンク -