矢井田瞳 いつかはLOVE SONG 歌詞

歌手:矢井田瞳
作詞:矢井田瞳
作曲:矢井田瞳

最近ようやく 仕事も任されるようになって
『順風満帆』 友人はそう羨むけれど

何か足りないのに過ぎていく 毎日はモノクローム
いつも同じようなタイミングで 迂回路を探してる

街を慰めるようにLOVE SONG
そんな上手くはいかないよ
お構いなしね 雄弁なLOVE SONG
心の隙間に虚しく 響いた誰かの『アイシテル』

傷つく位なら 何もしない方が得策
どうせ駄目だろうって 諦め方も器用になった

誰かに必要とされたくて 自分に嘘を重ねる
報われる事のない願いが 夜空に堕ちてく

街を慰めるようにLOVE SONG
理想ばかりを並べて
『アイタイ』だの『アイシテル』だのって
ただぼんやりと聴いていたら ふとあなたの顔 浮かんだ

忘れたふりじゃ消えない あなたへの気持ち確かめたくて

街を流れるLOVE SONGみたいに
上手な言葉じゃなくって
まとまりもなく しおらしくない
だけどそれが本当なの
ありのままで会えたならいいな
ありのままを知ってみたいな
素直に聴いてみたいのLOVE SONG
心の隙間が埋まれば いつか言えるかな『愛してる』

==

- スポンサーリンク -