真桜 yellow 歌詞

歌手:真桜
作詞:大津美紀
作曲:大津美紀

冷たい雨で目覚める朝には
思い描く未来(あした)が怖くて
人の波に流されたくなる
どこかあたたかい在所(ばしょ) 求めて

―キレイナモノダケをオイカケテ―
傷ついて
一人で立ち尽くしても

あとどれくらいの感情に揺り動かされたら
真白な空へ飛べるだろう?
暗闇(ヤミ)の中 信実に照らしてる恒星(ヒカリ)のように
やさしいだけのナニカに
僕はなりたくて

誰もみな戸惑いの中でも
涙隠して 上手く笑える

―キレイナモノダケをシンジテタ―
あの頃の

理想(ユメ)はまだ遠いけれど

あとどれくらいの衝動に突き動かされたら
真白な愛へ飛べるだろう?
暗闇(ヤミ)の中 信実に照らしてる恒星(ヒカリ)のように
ぬくもりだけのナニカに
僕はなりたいんだ

あとどれくらいの感情が残されてるだろう?
真白な愛へゆけるだろう?
今も傷む記憶(ムネ)を抱えながら
君の心に触れて
自由になるんだ

希望(ひかり)に…なるんだ…。

==

- スポンサーリンク -