真咲よう子・秋岡秀治 ふたりの縁歌 歌詞

歌手:真咲よう子・秋岡秀治
作詞:水木れいじ
作曲:四方章人

酒に酔うなら 手酌(ひとり)より
好きなあなたと さし向かい
苦労ばかりで 許せよおまえ
なによいまさら 水くさい
口は悪いが 情(じょう)には厚い
惚れて 惚れぬく… ふたりの縁歌

他人(ひと)に踏まれて 泣いてきた
俺も覚えが あることさ
もしもあなたに 逢えずにいたら
それは言うなよ 照れるから
涙もろくて 不器用だけど
惚れて 惚れぬく… ふたりの縁歌

ごらん川面(かわも)の おしどりを
あれを鏡に 添いとげる
生きるつらさに 弱音をはかず
歌いましょうよ ねえあなた…
瞳(め)と瞳見かわしゃ 心が通う
惚れて 惚れぬく… ふたりの縁歌

==

- スポンサーリンク -