渡辺麻友・浦野一美(渡り廊下走り隊7) 姉妹どんぶり 歌詞

歌手:渡辺麻友・浦野一美(渡り廊下走り隊7)
作詞:秋元康
作曲:鶴田勇気

家(うち)の前まで
迎えに来たよ
お姉ちゃんの
彼の車
クラクション 合図してる
窓から手を振り
小さく投げキッス
もし あなたに
彼 できたら
紹介しなさい

季節の花束
そっと差し出して
受け取ろうとしたのに
隣へ行く

ごめん 言ってなかったね
運命のいたずら
彼と私はラブラブ中
この目 点になったよ
まさか こんなこと…
どんな顔して
2人 見送ればいい

古いドラマを
観ているみたい
妹から
あやまられて
何だか怒れないし…
そう気づいたら
よく会ってたの
お兄ちゃんの
つもりだった
キスをするまで…

恋愛はいつでも
自由なものだよ
いけないことだからか
どきどきした

まあね しょうがないけどね
微笑んであげられない
彼とあなたが似合い過ぎて…
それじゃあ 彼と私と
そうよ お姉ちゃんと…
みんな 仲良く
3人 ドライブしよう

まるで姉妹どんぶりね
彼を好きになって
どこか好みが
似てるんだね
まるで姉妹どんぶりね
憎ったらしいけど
わかり合えるよ
姉と妹だから

==

- スポンサーリンク -