清浦夏実 花火 歌詞

歌手:清浦夏実
作詞:矢吹香那
作曲:矢吹香那

夏の終わりの打ち上げ花火
小さな空を赤く染めた
ふと見上げれば 広がる星が
描く未来を彩っていた

レンズ越し君を探しあの日が溢れてきて
胸が苦しくなる
10年後 笑って話せるように
明日を始める

lalala グッバイ泣いてた日々
この気持ちはこの空に預けるよ
だから グッバイあの思い出は
心の中 大切にするね
ありがとう

忘れられない大好きな場所
ひとりベンチで眺める空は
私をここに置いてくように
遠くの方へ流れていった

揺れる風 あの香りあの日が溢れてきて
胸が苦しくなる
10年後 笑って話せるように
明日を始める

lalala グッバイ悲しいこと
閉じ込めてた気持ちを空に放つ
だから グッバイどんな時も
強くなれる思い出をくれて
ありがとう

過ごした日の数だけ 優しい風 訪れるように
しぼんだ風船に息を吹き込むよ

lalala グッバイ昨日の私
今日がくる度に大人になってく
あの日見た花火のように
きらめく日々 大切にするね
ありがとう

==

- スポンサーリンク -