清水翔太 さよならこの夏に 歌詞

さよならこの夏に
清水翔太
作詞 : Shota Shimizu
作曲 : Shota Shimizu
歌詞:

この日々はきっと忘れないよ
君と見た景色は色褪せないよ
夜になっても2人はしゃいだね
海沿いの道を駆け抜けたね
君を追い抜きそうな瞬間
あの風の匂い もう懐かしいよ
あの時 君をぎゅっと捕まえて
言えば良かったんだ 好きだって

高くて青すぎた空の下
終わらないって本気で思っていた
夏の温度がそっと遠のいた
繋いだ手 離したくはなかった
まるで魚のように泳いでる
君の背中 あと何度見れるかな
心の奥 閉じ込めた恋は
線香花火みたいに散った

さよならこの夏に
2人の思い出を
このまま置いていこう
かけがえないもの
本当はまだ背負ったままこれからも
忘れないのだろう

Sunshine… そんな現実を
忘れさせてくれるような時間
ゆっくり流れてく波みたいに
そっと2人が寄り添うタイミング

君の髪が僕の肩に
砂をはらう仕草や笑顔に
胸の鼓動が聞こえるほど
すぐ側で 君を見つめている

日が暮れて 夜がきて
いろんなことを話して
ただそれだけで それだけで
良かったんだって思えた
君が笑うとその大きな瞳が
少しだけ小さくなって
その奥にいる誰かのこと
なんとなく気付いたよ 自然に

さよならこの夏に
2人の思い出を
このまま置いていこう
かけがえないもの
本当はまだ背負ったままこれからも
忘れないのだろう

波音に掻き消されそうになった
僕らを繋いでいた言葉は
いつまでたっても言えないまま
結局 思い出になってしまった
僕たちはいつも戸惑ってばかり
大事なこと見失ってばかり
この夏は そして君は
大切なこと教えてくれた
大好きだよ 忘れないよ

さよならこの夏に
2人の思い出を
このまま置いていこう
かけがえないもの
本当はまだ背負ったままこれからも
忘れないのだろう

さよなら さよなら
すべての悲しみと
さよなら さよなら
あの日の思い出と…

==

- スポンサーリンク -